鬼北町立北宇和病院

外来直通 0895-45-1221
受付時間/
【午前】8:30〜11:30
【午後】14:00〜17:00
休診日/
土曜、日曜日、祝日、年末年始
文字サイズ
標準
大

外来診療

リハビリ室

理学療法とは

病気や怪我によって「起きること」「座ること」「立つこと」「歩くこと」など日常の基本動作が困難となった方に対して、元の生活に復帰することを最大の目標とし心身ともに機能回復・維持をしていくため、運動療法や物理療法を行うこと、福祉用具の選択、住環境整備に対する助言を行います。

作業療法とは

病気や怪我、中長期の入院、認知症などによって、当たり前に自分で行っていた日常的な生活行為※の他、買い物や洗濯、仕事(学業)、そして趣味や地域交流などが出来なくなった方に対し、その人らしい、また生きがいのある生活への復帰を目標とし、① 心身の機能回復・維持、能力の改善・再獲得、② 住環境の工夫や変更を具体的に助言します。

※『食事する』『トイレで排泄(はいせつ)をする』
『歯を磨く』『からだを洗う』『浴槽に浸(つ)かる』
『衣服を着替える』などのこと

物理療法とは

膝や肩などの関節痛や腰痛などの軽減や運動しやすくすることを目的として、身体に温熱、寒冷、電気刺激、光線、その他の物理エネルギーを加えることで、生理的生化学的変化を起こし、血液循環の改善、筋の緊張や痛みを除去、軽減するものです。当院では、「電気療法」「温熱療法」「力学的療法(牽引など)」を行う事が出来ます。

スタッフの紹介

  • 理学療法士 1名
  • 作業療法士 2名
  • 訓練補助者 2名

スタッフの資格・研修歴

  • 厚労省認定臨床実習指導者講習修了  3名
  • 3学会合同呼吸療法認定士
  • 住環境福祉コーディネーター2級
  • 介護福祉士
  • 保育士
  • レクリエーション介護士など

養成校実習生受け入れ状況

  • 2019年度 2校3名
  • 2022年度 1校2名

近年の治療対象疾患の実績

運動器

肩関節周囲炎・骨折全般・靭帯損傷・変形性関節症全般・頚部痛・腰痛・股関節痛・胸郭出口症候群・各種脊椎疾患・末梢神経疾患・腱損傷・腱板断裂・全身性強皮症・関節リウマチ・運動器不安定症・各種腱鞘炎・捻挫・四肢体幹の拘縮など

脳血管

脳卒中・パーキンソン病・筋委縮性側索硬化症・筋ジストロフィー・起立性調整障害・中枢神経変性疾患など

呼吸器

COPD・間質性肺炎・誤嚥性肺炎・肺線維症・肺MAC症など

廃用症候群

心不全やがんの他、内科疾患や外科手術後の安静加療により、日常生活機能が低下した状態

リハビリの主役は患者さんご自身であり、私たちは患者さんが『身体を知り、身体と向き合う』きっかけを作り、ご自身の持つ目標に少しでも近づけるようお手伝いをしていきます!

外来診療に戻る